力が入らない 頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 高血圧 糖尿病 脂質異常症(高脂血症)|川崎市宮前区の内科・脳神経内科・リハビリテーション科 きたじま内科・脳神経クリニック 鷺沼 北山田

頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん もの忘れ(認知症) 高血圧 糖尿病 脂質異常症 生活習慣病|川崎市宮前区東有馬の内科・脳神経内科・リハビリテーション科 きたじま内科・脳神経クリニック

診療時間:平日:9:00~12:30、15:00~18:00、土曜9:00~13:00|休診日:木曜・日曜・祝日

電話番号044-750-0700

てんかん
EPILEPSY

てんかんとは

てんかんは、脳細胞の過剰な放電によってけいれん、異常行動や意識障害などさまざまな症状を引き起こす脳の病気で、日本国内に100万人の患者さんがいらっしゃると言われています。

てんかんの原因

てんかんは、乳幼児から高齢者までどの年齢でも発症する可能性があります。
脳炎、頭部外傷、脳血管障害、アルツハイマー病などにより脳が障害されることで起こることもあります。
脳のどの部分で異常が起きるかによって発作の症状は多様です。
いろいろな検査をしても明らかな異常が見つからない場合もあります。

てんかんの症状

脳のどの部分で異常が起きるかによって発作の症状は異なり、全身あるいは体の一部のけいれん、意識障害、自分ではコントロールできない異常な動きなどさまざまです。
そのほかにも、声をあげる、変な感覚、腹痛、しびれなどがてんかん発作の症状のこともあります。

てんかんの診断

発作の様子や持続時間、意識障害があるかどうかなどの臨床症状、さらに、脳波検査、頭部画像検査、髄液検査など専門的な検査を組み合わせることによって診断します。

てんかんの治療

薬によるてんかん発作のコントロールが中心となります。患者さんの発作の種類によって、適切な薬を選択します。多くの患者さんは、1~3種類の薬の組み合わせで発作を減らし、起こらなくすることができます。まずは、専門の医療機関での診断後の適切な治療が重要です。

発作予防のための日常生活での注意点

てんかん発作をコントロールするための薬を指示通りに服薬することに加えて、日常生活の中で以下の点に注意することで抑制することができます。

  • ストレスを溜めず、十分な睡眠と休養をとるようにしましょう
  • テレビやパチンコなど、光刺激の強いものを長時間見ないようにしましょう
  • 救助が困難な場所(山、川、海など)へ一人で出かけることは避けましょう
  • 自動車などの運転については、主治医の先生とよく相談してください
当クリニックで川崎市の特定健診、後期高齢者健康診査を受けられます。詳しくはこちら。
一般内科
脳神経内科
リハビリテーション科
ドクターズファイル きたじま内科・脳神経クリニック院長 北島和人 先生 紹介ページはこちら クリニック公式twitterはこちら

このページの先頭へ戻る