力が入らない 頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 高血圧 糖尿病 脂質異常症(高脂血症)|川崎市宮前区の内科・脳神経内科・リハビリテーション科 きたじま内科・脳神経クリニック 鷺沼 北山田

頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん もの忘れ(認知症) 高血圧 糖尿病 脂質異常症 生活習慣病|川崎市宮前区東有馬の内科・脳神経内科・リハビリテーション科 きたじま内科・脳神経クリニック

診療時間:平日:9:00~12:30、15:00~18:00、土曜9:00~13:00|休診日:木曜・日曜・祝日

電話番号044-750-0700

神経難病
INTRACTABLE NEUROLOGICAL DISEASES

神経難病とは、はっきりした原因や治療法がまだ分かっていない病気を言います。

この神経難病とされる主な病気には以下のものがあります。

なお、神経難病は原因がまだ判明されていないと言いましても、ある程度まで判明しているものや、根本的に直すことは難しいけれども、日常生活に支障をきたさない程度まで回復する治療が行えるものもあります。
また、現在のところ直接的な治療法がないとされる病であっても医療がかかわることで少しでも生活しやすくすることは可能です。

当クリニックでは、病気との付き合い方や病気の説明などを懇切丁寧に、また時には心身のケアにも努めております。総合病院とは異なるアプローチで患者様と日々向き合っております。

この分野の研究は日進月歩の進歩を遂げており、次々に新しい治療法が開発されていますので、諦めないで治療を継続していきましょう。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)

運動神経細胞(筋肉を動かす命令を伝える神経)が障害を起こすことで発症します。
筋力が低下していく病気で、手足やのど、舌の筋肉が衰えていきます。そのため、話すことや食べ物を飲み込むといった行為が困難になっていき、さらに病気が進行していくと全身の筋肉に衰えがみられるようになり、歩行困難や寝たきりになることもあります。
50~60歳代の男性に多くの患者がみられることも特徴です。指定難病のひとつで、発症する原因はまだ明らかではありません。

治療法

少しずつ病気の解明が進んでいますが、残念ながらALSの根本治療法はありません。
現在、国内では以下の薬剤がALSの進行予防薬として承認されています。

  • 内服薬:リルテック(リルゾール)
  • 点滴:ラジカット(エダラボン)

その他、症状に応じての治療を行います(対症療法)。
治療法については、神経内科専門医とよく相談してください。

リハビリによって筋肉を維持することが大切です

根本的な治療法はありませんが、リハビリテーションは状態の悪化を緩やかにする助けになります。筋肉は使わないとどんどん弱くなり(筋萎縮)、また筋肉の動きに必要な関節も固くなっていきます(関節拘縮)。生活の質を維持するためには、筋萎縮や関節拘縮予防するためのリハビリテーションは有効です。

当院で行うリハビリテーションについてはこちらをご覧ください

脊髄小脳変性症

脳の中にある小脳が障害(小脳と脳幹が変性し、萎縮する)を受けることで、体をうまく動かせなくなります。
原因は明らかではありませんが、遺伝的要因である場合もあります。主な症状としては、歩行時や直立時のふらつき、指先の震え、言葉が滑らかに出てこないでろれつが回らないといったことがあります。ただし、筋力はいずれも正常です。症状は遺伝性のものかどうかで違いはみられますが、遺伝子診断を行うことで判断できます。なお、遺伝子が関わっている場合は、比較的若年で発症します。

治療

現在のところ確実な治療法は存在しません。症状を改善させるものとして、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン (TRH)を用いる薬物療法や、運動機能の低下を防ぐべくリハビリテーションなどを行います。

多発性硬化症

神経線維の軸索の周りを囲む髄鞘が破壊される脱髄疾患のひとつで、まだ原因がはっきりしていません。
症状は様々で、視覚障害をはじめ、眼球が動かしづらい、全身の動きがぎこちなくなる、筋力の低下、排泄障害、言葉がでにくいといったことがみられます。症状が現れたり消えたりする状態を繰り返すのも特徴として挙げられます。自己免疫疾患の一種とも言われています。

治療

根本的な治療法は確立されていませんので、対症療法になります。症状が出ている時は、炎症を抑える治療としてステロイドを使用します。症状がみられない時は、インターフェロンを中心に用いて、症状を出にくい状態にします。そのほか、運動機能を改善させる手段としてリハビリテーションも併せて行うようにします。

重症筋無力症

自己免疫疾患のひとつです。免疫システムが神経筋接合部を攻撃することが原因で、神経から筋肉に命令が上手く伝わらなくなり、様々な場所の筋力が低下してしまう病気です。原因はまだよくわかっていませんが、胸腺の異常が原因になっている場合が多いと言われています。

症状

少しの動作で疲労感が強くなり、筋肉が動きにくくなります。少しでも休めば、動作を続けられるようになりますが、またすぐに疲れてしまいます。
初期症状としては、朝は症状が軽く、夕方以降に症状が重くなっていきます。具体的には、まぶたが開きにくい、ものが二重に見える、食べ物が飲み込みにくくなる、話しづらくなるといったようなことで、そのうちに肩が上がりにくい、立ち上がりにくいなど全身の筋力低下がみられるようになります。

治療

治療につきましては、症状を軽くする薬物療法として、ステロイド薬や免疫抑制薬、抗コリンエステラーゼ薬を用います。
また、検査で胸腺の異常がみられた場合は、胸腺と胸腺周囲の脂肪を広範囲に切除する手術を行います。

進行性核上性麻痺

脳の一部の神経が減少、あるいは変性することで、目の動きなどに異常がみられる疾患です。脳内の神経細胞に、異常なタンパク質が蓄積することが原因であり、中年期以降の男性で発症するケースが多くみられます。

症状

主な症状として、姿勢が不安定で転びやすくなる、認知機能が低下する、眼球が動かしにくくなるといったことがあります。また、中年期以降に発症すると嚥下障害、さらに病気が進行すると歩行や立つことが困難になり、寝たきりの状態になることもあります。

治療

根本的な治療は現在のところ困難ですが、発症初期であればパーキンソン病を治療するのに用いる薬が有効なこともありますが、効果は持続しにくいと言われています。また、転倒をあらかじめ予防する対策としてリハビリテーションも行います。

当クリニックで川崎市の特定健診、後期高齢者健康診査を受けられます。詳しくはこちら。
一般内科
脳神経内科
リハビリテーション科
ドクターズファイル きたじま内科・脳神経クリニック院長 北島和人 先生 紹介ページはこちら クリニック公式twitterはこちら

このページの先頭へ戻る