力が入らない 頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん 高血圧 糖尿病 脂質異常症(高脂血症)|川崎市宮前区の内科・脳神経内科・リハビリテーション科 きたじま内科・脳神経クリニック 鷺沼 北山田

頭痛 めまい 手足のふるえ・しびれ 身体のけいれん もの忘れ(認知症) 高血圧 糖尿病 脂質異常症 生活習慣病|川崎市宮前区東有馬の内科・脳神経内科・リハビリテーション科 きたじま内科・脳神経クリニック

診療時間:平日:9:00~12:30、15:00~18:00、土曜9:00~13:00|休診日:木曜・日曜・祝日

電話番号044-750-0700

認知症
DEMENTIA

認知症が広く知られるようになり、もの忘れの回数が増えると自分がボケてしまったのではないかと不安に思われる方も少なくありません。認知症のうち半数がアルツハイマー病ですが、次に多いのがレビー小体型認知症、そして血管性認知症と続きます。他にもたくさんの病気が原因となります。

「もの忘れ外来(認知症)」では老化によるものなのか何らかの病気によるものなのか、専門的な診察、検査の組み合わせで診断していきます。

認知症チェックシート

「あれ、おかしいな?」と思われたらまずは認知症チェックリストをご覧ください。
ただし、あくまでも目安としてお考え下さい。正確な診断をするものではありません。
「もしかして、認知症かも」と感じましたら、お早めに専門医による受診をお勧めします。

もの忘れが多くなる

  • 同じことを何度も言ったり聞いてくるようになった
  • 今切れたばかりの電話で、誰と話していたのかを忘れてしまう
  • 物のしまい忘れ・置き忘れが増え、物を探すことが増えた
  • よく知っているはずの人の名前が思い出せなくなった
  • 薬を飲み忘れることが多くなった
  • 今日の日付や曜日・時間がわからない

時間・場所を間違える

  • 普段よく使う道でも道に迷うことがある
  • 約束の日時・場所をよく忘れたり間違えたりする

理解力・判断力が衰える

  • 簡単な計算間違いが多くなった
  • 料理・片付け・運転などのミスや、蛇口・ガス栓の閉め忘れが多くなった
  • 雑誌や新聞、テレビ番組を見ても内容が理解できなくなった

人柄・性格が変わる

  • ささいなことで怒りっぽくなった
  • 気分が落ち込みやすくなった

意欲が低くなる

  • 趣味や楽しみに対する関心がなくなった
  • 一人で外出することが減った
  • 身だしなみに気をかけることがなくなった
  • 自分の失敗を人のせいにしたり、以前よりも疑い深くなった

不安感を強く示すようになる

  • ひとりになると怖がったり寂しがったりする
  • 外出時、持ち物を何度も確かめる

検査・診断

まずは患者さんの経過をお聞きし、必要に応じて長谷川式認知症スケール・血液・尿など各種検査を行い、身体に異常がないか確認します。
さらにMRI(CT)検査が必要な場合は、提携医療機関にて検査を受けていただくようお願いしております。

治療

現在のところアルツハイマー型認知症他、根治できない病気では適切な治療やケアを行うことによって進行を遅らせたり、症状を軽減することができる場合もあります。方法としては、お薬やご家族の皆さまにご協力をお願することが中心となります。

ご家族に、もの忘れの症状が現れてお困りの方も、まずはお気軽にご相談ください。

当クリニックで川崎市の特定健診、後期高齢者健康診査を受けられます。詳しくはこちら。
一般内科
脳神経内科
リハビリテーション科
ドクターズファイル きたじま内科・脳神経クリニック院長 北島和人 先生 紹介ページはこちら クリニック公式twitterはこちら

このページの先頭へ戻る